最終更新日[ 2015年4月7日   

「食品トレーサビリティシステム標準化推進協議会」
-食の「安心」情報提供サービス事業の創出を目指して-

 食品トレーサビリティシステム標準化推進協議会(Food Traceability System Standardization Initiative,略称:FTSSI)は、より安全な食品を安心と共に供給できる環境を構築するために、トレーサビリティシステムをはじめとして生産・加工現場での安全を保証するシステムの構築、安全・安心を効率的に供給するための共通仕様の導入等、関係業界全体で取り組む必要のある問題について検討し、より良い食環境の円滑な構築を支援します。


 お知らせ
 14年7月16日   平成25年「第12回通常総会」
部会報告:平成25年度「食料品バリューチェーン構築支援事業」「加工食品流通指針・策定事業・健康食品等の表示のあり方を含めた食品の表示ガイドラインの検討」
 14年5月22日   平成26年度農山漁村6次産業化対策事業 食料品バリューチェーン構築支援事業(加工食品製造・流通指針策定事業のうち加工食品品質等指針策定)26食産第565号 交付決定
 13年11月11日   平成24年「第11回通常総会」
部会報告平成24年度科研費 基盤研究(B)にて
「巨大災害からの復旧期における食品の安全・安心保障に必要な情報の抽出と評価」の競売実験
 13年7月  農林水産省食料産業局 :平成25年度「食料品バリューチェーン構築支援事業」「加工食品流通指針・策定事業・健康食品等の表示のあり方を含めた食品の表示ガイドラインの検討」に採択
 13年5月15日〜5月17日  「ifia JAPAN 2013(第18回国際食品素材/添加物展・会議)」主催:食品化学新聞社/共催:日本イージェイケイ株式会社 に食の安全科学ゾーンにて出展
展示内容:■千葉大大学院 平成24年度科研費 基盤研究(B)「巨大災害からの復旧期における食品の安全・安心保障に必要な情報の抽出と評価」
展示協力:関西電子蒲lの国産初のゲルマニウム半導体測定装置他を展示
 11年12月2日  工場見学 「キューピー五霞工場見学会」
ポーランド政府関係者(経済省・GS1ポーランド)の工場視察
 11年12月1日  ■海外部会によるワークショップ
@「ポーランド政府を招いてのトレーサビリティに関するワークショップの開催」
 主催:FTSSI・ポーランド大使館
 11年9月13日  ■第10回セミナー開催
@「食品の放射能汚染と風評被害の予防」について
 千葉大大学院教授 松田友義様
 11年4月28日 食品総合研究所 緊急シンポジウム「放射性物質の食品影響と今後の対応」
当協議会からも聴講させて頂きました。
 11年4月19日  平成23年度 FTSSI総会を開催いたしました。
場所:国立オリンピック代々木記念青少年センター
松田先生より「クラウドコンピューティングと食品産業」のテーマで講演頂きました。
 11年2月23日  第2回イノベーション研究会「食品・薬品業界のサプライチェーンイノベーション」で当協議会 高山勇副会長が「食品サプライチェーンにおけるイノベーション」のテーマで講演をいたしました。
10年12月9日  ■第9回セミナー開催
「米トレーサビリティ法の完全施行について」
「フードコミュニケーションプロジェクトについて」
農林水産省の主幹の方より御講演頂きました。

10年10月1日

平成21年度農林水産省消費安全局「食の安心・消費者の信頼確保 実証事業」「トレーサビリティ・ロット管理方式実証事業」の成果報告書刊行
成果報告書は下記のリンクよりダウンロードできます。
「成果報告書(PDF1.9MB)」

10年8月25日

 平成22年8月25日(水)工場見学会開催しました。
 富士仙水工場:キューピーのミネラルウォーター製造工程
  富士吉田工場おかゆ・業務用マヨネーズ・ディスペンパックの製造工程

09年6月17日

アグロイノベーション2009を特別協賛しています
当協議会は、本年11月25日(水)〜27日(金)に幕張メッセで開催されます「アグロイノベーション2009」に特別協賛しています。
http://www.jma.or.jp/ai/ja/index.html

09年1月15日

当協議会が雑誌に載りました
NECビッグローブ株式会社が発行するインターネット雑誌「SAAI isara(サーイ・イサラ)」1月号の特集記事『未来技術が生活を変える2009年IT見聞録』において、「食の安全」という項目(27ページ)で、トレーサビリティシステムや食の安全の今後について、松田会長、高山副会長、大野事務局長が取材を受け、掲載されました。
http://isara.biglobe.ne.jp/

08年6月10日

FTSSIの沿革・活動実績について
当協議会の活動もおかげさまで今年で5年目を迎えることができました。
今までの沿革・活動実績をまとめました。
 ⇒ こちらの[ 協議会の変革・活動実績 ]から

08年1月29日

当協議会による調査活動について
当協議会内に「ユビキタス・コード体系の利用実態に関する調査活動」を行うためのワーキンググループを立ち上げました。主な活動は平成20年度から行います。ご興味のある方は、当協議会事務局(office<アットマーク>ftssi.net)までお問い合わせください。
 ⇒ 詳細はこちら

06年9月1日

事務局が変更になりました
〒141-0032 東京都品川区大崎3-5-2 エステージ大崎
株式会社オプティマ NEWビジネス推進室室内(office<アットマーク>ftssi.net)です。
担当者:大野、河合



 「健康食品の自主情報開示の基本的事項とその手法」に関する報告書
平成26年度 農林水産省補助事業「健康食品の自主情報開示の基本的事項とその手法」に関する報告書


平成26年度 農林水産省補助事業 「健康食品の自主情報開示の基本的事項とその手法」に関する報告書 を掲載いたします。

ダウンロードに関しては、お手数ですが、氏名・所属・メールアドレスを記載の上 お願いいたします。


今回の報告書に関してはこちらからPDFの報告書をダウンロードいただけます。



 メンバー募集

食品トレーサビリティシステム標準化推進協議会(FTSSI)では、メンバーを募っています。

お申し込みについては、以下の項目記載の上、
事務局宛てメールをお願いいたします。

    【氏名】
    【所属】                
    【連絡先(TEL:メール)】

  • 事務局宛てメールをお願いいたします。

食品の安全と安心を目指そうとする生産・加工から流通・販売までのあらゆる事業者・団体、もしくは個人で、トレーサビリティや食の安全に関心をお持ちの方のご連絡を、お待ちいたしております。


FTSSI事務局

事務局担当:大野

〒141-0032 東京都品川区大崎3-5-2 エステージ大崎
         株式会社オプティマ 事業企画室内

E-mail: ftssi 〈アットマーク〉 traceability.jp.net
※〈アットマーク〉の部分は「@」に置き換えて下さい

TEL 03-3493-3832  FAX 03-3493-3855


〒141-0032 東京都品川区大崎3-5-2 株式会社オプティマ内
食品トレーサビリティシステム標準化推進協議会
 TEL 03-3493-3832 FAX 03-3493-3855

Copyright © 2003-2009 FTSSI All Rights Reserved.